フューエルインジケータの作成

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2003/11/19 フューエルインジケータが 「実用新案登録」されました!

出願番号    実願2003−004250
実用新案登録 考案の名称 「燃料噴射式ガソリンエンジンの噴射量表示装置」
          登録第3099500号

7/28
 StepWGN新型 UA-RF3,4,5,6用 リリース


1/13
 Stream用(全車種) リリース

1/8
 Stream用 リリース (1.7L、2L 4WD)
  ※2LFF 版はまもなくリリース予定

12/14
 S-MX用(全車種) リリース

12/1
 STEPWGN用(全車種) リリース
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ガソリンは、使わない方が良いに決まってる。

地球にも財布にも優しく、省燃費運転をしたい物ですが、どれだけガソリン使ってるのかどうにもわからないものです。
ゆっくり走るに越したことは無いのですが、我慢しまくっても精神衛生上良くないですし。

「気楽に走って、なるべく省エネ」

そんなポイントをつかむには やっぱり何か表示が必要だろう。

と言うことで、PIC使用DIY第2段 「フューエルインジケータ」を作成してみました。

前回同様 PICを使用していることもあり、DIYと言っても手が出しにくいと思いますので、今回もあまり詳細は止めときます...


[TOP へもどる]




プロトタイプ1号

LCDでデータ表示をしています。

ところが、こいつが非常に危ない! なにしろ 文字は小さいし、横目では見れないし
見栄えは良いんだけどね....

コストの問題も加味して、 こいつは ボツ に成りました。




プロトタイプ2号

やっぱし、表示は単純でわかりやすい方が良いですね。

このバージョンで、バーグラフ化は完成しました。



実験中 「ピンぼけm(__)m

普通に加速してる状況



そこからちょっと踏み込んで、キックダウン、加速中

さらに がばっと踏むと LEDが全点灯します。



ちょびっとアクセルを戻します。

4速にシフトアップし、表示も5つに成りました。

さらに、巡航に入り アクセルを緩めると 2つ点灯 位まで落ちます。(同速度で
高速道路で、 80〜100程度の巡航時には 2つ点灯で走っちゃいます。

ちなみに、冷間時の始動直後、アイドルアップが働いているときには同じく 2つ点灯です。



ここで、アクセルを完全に離します。 

エンジンブレーキに伴い、ガソリンの噴射は完全に無くなります。
「フューエルカット」が働いています。

減速時に積極的に シフトダウンすることで、フュエルカットを長く維持できることも解りました。
「但し、場合によりけりでなかなか難しいですが」



完成型 

アップにすると不細工がばれますが....

1ボディの中に、コントローラも含めて 納められました

サイズ  55x40x20



好評、有償配布中です。

ご案内は、こちら



シフトインジとのマッチングや、表示部分埋め込み派のご要望を非常に多く頂きました。
そこで、表示部一体型と、表示部分離型の 2種類をご用意する事にしました。

分離型は、コントローラはシフトインジより小さいですが、表示部分は同じケースです。

(参)分離型表示部の内部は 20mmx45mmの基板が入ります。





分離型の設置例

シフトインジ、フューエルインジ、ドアインジ とサイズ(奥行き、高さ)は合わせてあります。





一体型の設置例  この位置に付けられる場合や、見やすさを考慮してメータ上部などに
付ける場合、一体型の方が良いかもしれません。


かなりおもしろい...(爆



動画UPしてみました。(23sec 1.8Mb) デモRM

 ※RealOnePlayer(TM) 等の *.rm が再生可能なツールが必要です。
 ※重さの割に内容は有りません (自爆

ご自分で取り付けに興味有る方は。 こちらもごらん下さい。


※現在、配布中のモデルは STEPWGN全車種、S-MX全車種、Stream全車種

[TOP へもどる]