Vol 1. 今回は 言い訳です ただひたすら

chap1.. なぜ、おやじは あれほど愛した 音叉(majesty)を捨て 銀翼に走ったのか...

    

発端は YAMAHA T-MAXの登場である

はっきり言って衝撃だった。 な、なんだ これがスクータ?
こんなのありかよ!

え? 500なの....め、免許がない (>_<)ゞ




 

障壁は大きいほど燃える物である(爆)

そもそも 長き人生計画に置いては すでに
V-MAXをかっちょよく乗りこなしているはずだった
大型免許歴10年で。

失われた時間は 大きい。

が、まだ間に合うぞおお! 大いに一人で燃え上がっているのである(勝手に)

そうして居る間に SilverWing 600 が登場!

実は(なんのこっちゃ) 大のHONDAファンでもある。 (但し4輪 (。_゜☆\ バキバキ )
なぜかあまり気にはならなかった...
 「「 まあ、FORZAのでっかい版だねえ〜」」 としか

当然、まだまだ T-MAX モード 全開なのである。

いまさらだが、ここですでに Majestyは 忘却の彼方へ..すでに 日常の足でしか無くなっていたのである。 ヘ(__ヘ)☆\(^^;)


chap2.. ショック というか それが現実??


ある日、あこがれの T-MAX様 をついに目にしたのである。

バイク屋を拝み倒し、またがる T-MAX

ん? なんだ この違和感は...

そもそも レーサーレプリカなバイクなど全く興味ないというか肌に合わなかったのであるが
その、おおよそ乗りたくないと思っているバイクの雰囲気にあまりに近いのである

さらーに
足が着かない (爆

今更ながら 足の短さを痛感してしまったのだ

これは、いかんぞお!
しかも シートバックに腰が当たらない。
そおかあ、そもそも 図体のどでかい 外人さんモードも出来てるんだもの
せこい体型の純日本人(自分はね) に合うわけねーわな...(^-^;)

こうなってしまうと、もう駄目で、狭いトランクスペースも許せなくなってしまった..

そうして 吸い寄せられるように 隣の SilverWingに目がいくのは、もう必然と言わざるを得なかった。

ん? いいよお、これだよ! まさに おいら好みの おやじいなスクーターじゃないのよ!

全く、現金なやつ。 そうして目標はあっという間に 銀翼一本に絞られていたのであった。


chap3.. だらだらと 時は過ぎ 目標はまたしても霞んでゆく〜


再度 気合いを込めるも いざ教習にかようとなると何かと時間が割けない物である。
(たった数時間なのに)

そうしてだらだらと時間だけが過ぎ.....

良い頃合いに涼しくなり出す気候。 まもなく紅葉だねえ〜

思えば、去年はあまり マジェに乗らなかった。
今年は 冬眠させない! 気合いだあ!
などと急に意気込んでしまったのである。

が、しかし 寒いわな やっぱし (^-^;)
雪がほとんど降らないとはいえ、やはり真冬の寒さは静岡でも変わらない。

そおだよ、 「グリップヒータ」だよ 今年はこれでいってみよお! (ローソン風)


chap4.. 出てしまったのね、 ずっぽり ツボにはまってしまったのね

グリップヒータの情報を探し回っていて、見つけてしまった。

SilverWing400登場! の記事 

え? なに 400??? 乗れる乗れる 免許があるう〜

ん? 600が欲しくないのか?  そりゃほしいさあ
値段が一緒だよ納得できる?? いいの乗れるんだし。

まあ、取りあえず のっとけ〜


良いやつだったら 免許とって 600に行けばいいじゃん!


chap5.. ますます大型二輪は遠のいたようである

と言うわけで、 銀翼400の オーナと成ってしまった。

要するに、HONDAの戦略にまんまと はまったわけだ。
乗りたいが免許がない。 ほーらこれなら どうだい〜  ほれほれ〜と

最後に一言

「やっぱり HONDAでなくっちゃ!」 (爆

次回は ちゃんとインプレします。 m(_ _)m

TOPへ戻る