ドリンクホルダを付けてみる

快適すぎます。なんでこんなに楽なんだろうってくらいですね。
さらに快適になるかな?って事で、スクータ用のドリンクホルダ
を付けてみました。

当初は、車用の流用を考えましたが、やはり丈夫さが違いますね。
スクータ用で正解です。

−−使用した物−−

・MotoFIZZ スクータ用ドリンクホルダ
・MotoFIZZ 取り付けアダプタ
        ※本来はプラスチックパネル部分にビス止めするための物

相変わらず画像多し、重いです....

[TOP へもどる]




MotoFIZZのスクータ用ドリンクホルダです、バイク用品店で入手しました。
接続部の丈夫さ、全体の強度等、車用と比べたら格段に強度が有りそうです。

中身は 本体、取り付け金具が入っています。




付属の金具で試行錯誤してみました。

左はT-MODEのSW、右はグリップヒータのSWが邪魔になり
想定されているミラーへの友締めは無理でした。





そこで用意したのが、これ
MotoFIZZのアクセサリ用取り付けアダプタです。
本来はハンドルカバーやカウル等の樹脂部分に取りつけるためのアダプタです。

汎用ステーでもいけそうですが、角度調整が出来るのと、自身の強度が結構有りそうなので
こいつを採用です。





ブレーキマスターの取り付け部へ友締めしてしまうことにしました。

上部のボルトを抜きます。







そのままでは、ボルトが通らないため。
穴を広げてやります。





あとは友締めしてあげるだけ。
ボルト自体の長さを延長したいところですが、とりあえず、そのままにしました。
出来れば2カ所で止めたい所ですが、加工をさぼって上部だけにしています、
これでゆるんでしまうことが有るようなら考えます。





ホルダ側は、付属のボルトで止めます。
ゆるみ止めには菊座金が付属しているので、大丈夫でしょう。







あとは連結部を繋ぎ、角度を調整すれば完成。

ちょっと最初は違和感を感じます。

心配していた ウインカーやT-MODEの SW類との干渉も問題有りませんでした。





構造からして 500ml 専用ですね。


休憩時間が減る?  それはそれで問題かも.....


[TOP へもどる]