[[ VICSのお話 ]]

私の使用している、ナビには「VICS受信機能(FM+ビーコン)」
が付いてます。
役立たず、情報古い 等と陰口も多いですが。
まあ、それなりに面白いので、良しとしてます。

今年(’99)の4月より、「静岡中部、東部」でレベル2までの試験運用が始まりました
実用上は、FM情報が無いと今ひとつですが、今後の展開に期待してます。

少しずつ、「VICS」について考えていきたいと思います。

まずは、現在どんな情報が取れるのかを紹介します。




--情報 その1--

高速道路に配置されている、電波ビーコンによる、レベル2情報です。
ビーコン通過時に、ポップアップ表示されます。

区間情報(所要時間、事故、障害)等が主な物です。




--情報 その2--

FM放送による、レベル2情報です。
メニュー選択で表示情報を選びます。

大ざっぱすぎて、ほとんど役立たず?




--情報 その3--

高速道路に配置されている、電波ビーコンによる、レベル1情報です。
メニュー選択で表示情報を選びます。

これは、サービスエリアの状況を表示した物です。




--情報 その4--

高速道路に配置されている、電波ビーコンによる、レベル1情報です。
メニュー選択で表示情報を選びます。

これは、広域情報を表示した物です。(ここまで遠い話は本当に必要なの?)




--情報 その5--

高速道路に配置されている、電波ビーコンによる、レベル1情報です。
メニュー選択で表示情報を選びます。

これは、目的地時間情報を表示した物です。(道路の電光掲示と同じ)




--情報 その6--

これが、レベル3の渋滞表示です。(地図上で点滅表示)

基本的には、FM電波にて、ビーコンで近いところは補足されます。

ここまで混んでると、結局どこ行っても渋滞?

てことは、意味無し?.....