[[ スーパーフラット拡張法 ]]

これで、全シートがフラットになったら....
いつも思ってました。
そーか! 台を作れば良いんだ!
と、言うわけで、今回は日曜大工を。
もちろん、使わないときは持ち運べなければ意味がない!
と、言うわけで、こんな物を作ってみました。

--材料の購入--

・コンパネ   (15x90x1800)
・角材     ( 35x45x2000)
・テーブルの足、金具 4セット (180mm)
・木工用ビス  (40mm)
・木工用ボンド
・補強用金具  10個
材料費は 約¥1万です。



--寸法取り--

型紙をさぼって、カーゴルームマットで現物合わせ。
大体の大きさの寸取りをします


--けがき線をちゃんと引こう--

ちゃんと線を引いても、曲がる....
素人だからしょうがないか...



--ジグソー登場--

ジグソーでコンパネを切断
ノコギリではつらい....

--サイズを確認--

確認をしながら、寸取りを




--角をとらなければならない所--

未使用次は床に収納するため、タイヤハウス
シートの足等を確認する。
※この部分をうまく逃がす必要がある





--まず、タイヤハウス部分を切り取る--

左右をカットしました








--次に、サードシートの足を通す部分を抜きます--

1.まず、位置を正しく寸取りします。
2.電気ドリルで、ジグソーを入れる穴をあける
3.ジグソーで切り抜く


--格納確認--

床にぴったり収まりました。


--補強する--

補強のため、角材をつけます。
現物に合わせて、力の掛かり具合で適当につけます。
まずは、すべてカットして仮組し確認。


--角材の組み付け--

木工用ボンドで張り付けて、ビスを打ちます。

--補強金具組み付け--

補強するための金具を数カ所に取り付けます。
足を取り付ける位置に、角材を取り付けます。

--木工ビスを打ち込む--

取り付け用以外にも、数カ所にビスを打ちます。
充電式、ドリルドライバがあると便利...


--足を準備--

購入した足は、ボルトが細かったので変更することに
1.とりあえず、はずしてしまう。
2.下穴用に穴を広げる
3.タップでねじ切り
4.取り付け金具の付属ボルトをねじ込む

--足を取り付け--

取り付け金具をつける。
4カ所に足を取り付けて、ほぼ完成。

※もちろん、足はねじって取れます。


--乗せてみる--

1,2列をフラット、3列目を跳ね上げ。
作成した台を乗せてみる。

サイズは、ばっちり。
もちろん、バックドアも干渉しない。

--収納状況--

足を外せば、床にぴったり収納。
少し前にはみ出るけど、問題なし。

--収納状況その2--

強いて言えば、3列目にシート下スペース
がなくなるのが問題か?
普段使わないので、良しとする。

--完成--

使用時は、布団を敷く。
横の隙間にクッションを詰める
これで、親子4人がばっちり寝れるぞ!

問題は真ん中の2つの穴! 何とかしなければ...

--あなをふさぐ--

その後、「穴に子供の足が入ったらどーすんの...!」
の一言で、穴をふさぐことに....

切り抜いた板を、ちょうつがいで取り付けてこの通り
収納時は開いて足を通せます。