HIDを取り付け

FJRのライトはH4 Hi/Low切り替え式 ハロゲン2灯です

2灯と言う事もあり、明るさはそこそこ十分有るのですが...
やっぱり、車でもディスチャージの明るさに慣れていると、ハロゲンの黄味色はどうも見にくい。

夜間走行の安心感を高めるために、HIDの装着も検討していましたが、いかんせん お値段が高い。

たまたま教えてもらったショップのHIDキットがなかなかリーズナブルなお値段だったので、装着に踏み切りました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

クレバーライト の CAバラストキット-BIKE シリーズの CL-CA-H4Hi/Lo-6000-Dual です
Hi/Low切り替え式の2灯分入っています。
バラストが非常に小さい上、バルブの後方の切り替え機構もコンパクト。

4300ケルビンか6000ケルビンか悩みましたが、とりあえず 4輪の純正で多用されている 4300じゃつまらんかな?と
車検OKと言う話もあるので「6000ケルビン」にしました。
(それ以上は 青くなりすぎて 車検でNGになる可能性があるようです)

早速、取り付けてみます。

TOPへ戻る



Kitには2灯分の バルブ、バラスト、ハーネス、切り替えコントローラ が入っています。
FJRの場合は、これ以外に延長ケーブルなどは不要でした。



バルブと比べると、バラストの小ささが解ります。

−−準備編−−




まず、壁に向かってライトの光軸を確認しておきます。テープ等で目印を。



ハロゲンでも十分明るいですが、もっと真っ白に、明るく したいですね。

−−準備編−−



フロントカウル内に納めるため、 インナーとサイドカウルをすべて外しておきます。
脱着手順参照



Hi/Loコントローラは この位置に納めることにしました。



バラストは2個有ります。(左右分)

右は、この辺り(バッテリーケース横)に入りそうです。
薄いとはいえ、取り付け用のスペースは苦労します.....



左は、この辺り



バッテリは、ご存じの通り フロントカウルの右側に収まっています。

このHiDキットは、電源を直接バッテリの+、−に接続するようになっています。



バラスト用のコネクタを カウル内側から、この辺りに



左側も同じ



コントローラのカプラは、標準のヘッドライトカプラにつなぐため、この辺りに置いておきます。



イグナイタをつないだら、次は HIDバルブを仮配線します。



仮接続の場合でも、Hi/Low切り替え信号のハーネスも忘れずに接続



HIDバルブは適当な所に転落しないよう、テープで仮止めしました。


車両のライトカプラと接続



バッテリへの配線も仮で
※赤線を + 端子へ



バッテリへのアース配線もしておきます。



ここで、仮点灯

バルブから油分が蒸発する事があります。
そのまま組み込んでしまうと、レンズ内に曇りを作る可能性があります。
少しの間、点灯(空焼き)します。
「エンジンはかけておかないと、バッテリがやばいことに...」

−−取り付け編−−



バラスト取り付け位置を脱脂します。

かなり軽量なので付属の両面テープで十分固定可能だと思いますが。
気になる場合は、取り付け用の穴がいくつかありますので、利用してボルト止めも可能です。



バラスト自体も脱脂して。



両面テープで貼り付けました。 (テープは付属)



バラストから出ているハーネスに、イグナイタが付いています(黒い箱)
これは、手持ちの両面テープでこの辺りに止めました。「赤枠内」
イグナイタはあまり下の位置だと、アンダーカウル取り付けに干渉しますので、位置は調整してください。

−−ノイズ対策−−
組み込み完了してから解ったのですが、無線に高周波ノイズが乗ってきました。
高電圧を発生して、放電点灯なので高周波が出てしまうことは当然と言えば当然。
ノイズ自体は「び−」と言ったハム系の物で、音楽聞いてたり、走行時は気にしなければ大丈夫程度の物です。
粗悪品(激安HID)などでは、ラジオが聞けなくなるほどひどい事になるようですが、ソレを考えれば相当良いほうかと思います。

少しでも対策になるかな?と クランプタイプのフェライトコアをバラスト、イグナイタ周辺にいくつか付けてみました。 「黄枠あたり」


@¥300〜¥400 程度です。 サイズは様々なので、現物あわせで

買いすぎて余ったので、FTMのケーブルにもバチバチ付けました。
(付けすぎても害は無いと思うので...汗)

完全とは行きませんが、多少は減ったような気がします。



バーナーを組み込む。

まずは、ハロゲンバルブのコネクタを引き抜いて、バルブの周りにはめ込んであるダストブーツを取り出します。



ハロゲンバルブを抜く。

バルブ押さえのフックを外します。 内側に引っかけてある箇所を一度押し込んで外しおこす感じで。



ハロゲンバルブとHIDバーナーの比較。

このバーナーはHi/Lo切り替え部がコンパクトです。単純な電磁式スライドタイプですが、万一不具合が出てもバーナーのみ購入出来るので、メンテナンスの問題は無いでしょう。
作りも、安い割にはそれほど心配無い感じです。



バーナーとフードを分離します。
フードは、少し回すことで外れます。

外さないと組み込みが大変です。(外さずにブーツを加工した例を見かけますが、外せば良いので..)



フードをライトハウジングに組み込みました。
H4バルブと台座も全く同じなので、特に問題もありません。
バルブ押さえのフックも同じように引っかけて固定します。



ちょっとわかりにくいですが、フードの開口部が上を向く形になります。



ダストブーツを元通りにはめ込み



バーナーを差し込みます。
差し込んで、しっかり回してロックします。

バーナー部を引っかけて壊してしまわないよう、注意します。
白い棒の部分が下向きになる位置が正しい位置です。



バーナーの配線の内、Hi/Lo切り替えのカプラを接続します。
このカプラ差し込むだけでちょっと心配だったので、絶縁テープを巻きました。

こちら側のハロゲン用のコネクタは使用しませんので、絶縁テープでぐるっと巻いて、適当な所に止めておきます。



バーナーの配線を、イグナイタのカプラの所まで引き込み、接続。
タイラップで適当に止めておきます。

これで、左は完了


右のバーナも全く同じ手順で組み込みます。

バッテリが邪魔で、少し狭く大変ですが、バッテリを外さずに作業は出来ました。



右のバーナ周りの配線も完了。



バラスト、イグナイタの位置は、固定方法は同じく、両面テープです。



Hi/Loコントローラのハーネスと、車両絶縁テープを抜け止めのために巻いておきます。



Hi/Loコントローラは、バッテリ後方のアッパーカウルの隙間に取り付けました。
(両面テープ固定)
直下にイグニッションコイルが有るので、振動でコントローラが落下してトラブルになるのも嫌なので対策します。

適当に、防振用のスポンジを切って隙間に埋め込んだだけですが..

ハーネスの組み込み準備。

余分な配線はカットせず、タイラップで適当にまとめます。



ハーネスをカウル内の適当な位置でまとめて収納します。



バッテリ周辺がかなりグチャグチャ

バッテリの右斜め前方(ライトハウジングの横)はスリットが入っており、雨水入り放題です。
カウル内とはいえ、湿気対策は気にしてください。
また、その辺りに配線を押し込むと、スリットから丸見えです(w



点灯して、光軸調整をします。

ハロゲンの時にマークした位置を基準にしますが。
なにしろHIDは明るすぎるので、まずは少し下げ気味にしています。

あとは、走りながら調整ですね。

−−比較−−






違いすぎ...(w


−−ノイズ問題その2−−


その後、タンデムインカムのパッセンジャ側に猛烈なノイズが乗っていることも判明。

あれこれやってみましたが、どうにも収まらない。
インカムONの時のみ、ライダー側にもノイズが出るため、当初はパッセンジャ側の配線ばかり疑っていましたが...
問題はライダー側のカールコードでした。

ヘルメットへの配線は、シールドが入っていないカールコードを使用していましたが、
予備に用意していたカールでないシールドタイプに変更したところ、嘘のように収まりました。

ライダー側のマイク配線にノイズが乗ってしまったことが原因のようです。
とりあえず、タンデム時は、カールコードを使用しない事で一時しのぎを....

無線側の通話については、少しノイズが乗っていることはレポもらっていますが、特に支障は無いとのことなので、
タンデムなしのマスツー(無線使用)の際はカールコードを使用することにします。

TOPへ戻る