レバー給脂手順 

レバーの摺動部分は、グリスが塗られています。
密閉はされていないので、グリスは流れてしまいますし汚れも溜まります。
放っておくと摩耗も進みますし、音が出たり 重くなったりしてきます。

時々分解して、掃除・給脂 しましょう。

クラッチレバー



レバー下部にはナットが付いています。
まず、このナットを外します。



レバー上部は −穴 のボルトです。 ドライバーを当て、レンチで下部ナットを外します。



ナットが取れました。



ボルトは、ドライバーで緩めて 引き抜きます。



抜けました。



後は、部品を落とさないように 引き抜きます。



古いグリス等を綺麗に洗浄します。(パーツクリーナ等使用



クラッチマスターのプッシュロッドとリンク部を外します。
(ロッドを抜くと、リンク部分の銅パーツも外れます。
(どちらも、差し込まれているだけ



これが外したパーツ(プッシュロッド、ブーツ、銅ブッシュ



これらも 綺麗に洗浄します。



マスターシリンダーの受け部 を綺麗に掃除します。



ダストブーツはゴムですので、ラバーグリスを使用しました。
汎用グリスの中には、ゴムを痛めたりする物が有りますので注意が必要です。
同じく スプレー式の浸透潤滑剤も避けた方が良いでしょう。



プッシュロッドを組み立て、ブーツ部に薄く塗ります。



差し込みました。



その他の部分は、テフロングリスを使用しました。
(ベアリングやリンク部に使用出来るグリスであればOK)



当たり面、摺動部に薄く塗り込みます。
「銅ブッシュの入る穴も忘れずに」



ボルトにも塗ります。



ブッシュの穴に、プッシロッドを差し込み、レバーを取り付けます。



ボルト穴を合わせ



ボルトを取り付けます。



下部のナットを忘れずに。



下部のナットを締めて終了。



ブレーキレバー



同様にレバー下部にはナットが付いています。
ナット、ボルトをクラッチと同様に外します。



ブレーキのほうは、若干形状が違います。
レバーだけで外れます。



綺麗に洗浄。



マスター部も綺麗にして。



マスター部のダストブーツ「こちらははずれません」にラバーグリスを塗り。





当たり面に、テフロングリスを塗って。



ボルトにも忘れずにグリスUP



ボルトを取付



下部のナットを忘れずに。


簡単です、クラッチもスパスパ切れるように成ります。
数ヶ月に1回はやってあげたい物です


TOPへ戻る