クラッチフルード交換 

ブレーキフルード同様、2年で交換です。

基本的な注意、説明は ブレーキフルードとほぼ同様ですので、参照してください。

使用する物は ブレーキフルードと同じ DOT4 の物を用意します。

準備作業



ブレーキ同様に、リザーバの回りをしっかり保護します。



グリップヒータ等、邪魔な物を外します。



外フタ、内フタを外して準備完了。



ブレーキよりかなり汚れていました。
操作も多いですし、エンジンの熱に曝されるからでしょうか?




まず、リザーバ内を掃除することにしました。
フルードはペーパウエスで吸い取ってしまいます。



かなりの汚れです、綺麗に拭き取りました。



これだけ掃除すればOKでしょう。



フルードを入れて準備完了。


作業開始




ブリーダキャップを外し。



メガネレンチ、マイティバッグを取り付けます。
※マイティバッグについては、ブレーキフルード交換を参照



マイティバッグの負圧を使用して、フルードの入れ替えをします。

ゆっくりとハンドルを操作し、負圧を掛け、ブリーダを緩める。
リザーバの残量に注意しながら、古いフルードを全て抜き取る。
※この手順も ブレーキフルード交換と同じです。



仕上げのエア抜きをします。
マイティバッグの古いフルードを捨て、タンクを戻します。
負圧は不要ですが、マイティバッグは付けたままでOK。

1.ゆっくりレバーを握ったら、ブリーダを緩め、液を抜く。
2.握りきったら、ブリーダを締める。

コレを数回行います。
ブレーキと手応えが違いますが、クラッチですので当然です。
※リザーバ残量に常に注意。


終わったら、内フタ、外フタを締め、完了です。

フルードが少しでも飛んでいるようなら、水洗いをしましょう。


TOPへ戻る