リアブレーキフルード交換 

ブレーキフルードは2年で交換することになっています。

フルードは非常に吸湿性が高く、徐々に劣化していきます。
内部の水分が多くなると、ハードブレーキでキャリパー内が高温に晒された際に、水分に気泡を生じます。
この気泡のおかげで、油圧が正常に伝わらず、ブレーキが効かなくなってしまうので、非常に危険です。
(これが ベーパーロック   ※フェードとは別)
また、交換時にエア噛みを起こしたりすると、同様の現象が起きます。
その場合、エア抜き作業を行います。
フルードの交換とエア抜きは基本的にはほぼ同様の作業です。
より多く、フルードを通し、古い物を抜いてしまうのが、交換作業の基本です。

ABS付きも無しも 作業は同じです。 途中にモジュレータが入っている分、ABS付きの方がフルード量が多い と言う違いしか有りません。

この作業も、一時はユーザの作業を禁止していたほど(昔は、要整備資格)危険を伴います。
現在は、自家用車で、自己所有であればユーザのDIYは認められていますが、
危険であることは間違い有りません。

準備作業

右 サイドカバーを外し、リアのリザーバタンクを見つけます。





ココのボルトを外します。



タンクの回りに ウエスを巻き付けます。
フルードは塗装を痛めるので、出来るだけ回りに付かないようにします。

キャップを外し、内蓋も外します。



だいぶ汚れていますね。



リアブレーキのブリーダバルブはここ、ゴムのキャップを外します。



これは マイティーバッグ と言う道具です。
ブレーキのエア抜きをやりやすくする道具で、無くても空ビンで出来ますが
コレを使用した方が簡単に出来ます。

途中にタンクが有り、後ろから負圧を掛けて フルードを抜いていく仕組みです。

バイク用品店で購入(¥8000くらいでした


作業開始



メガネレンチを掛け、ブリーダチューブを取り付けます。



説明書通り、マイティーバッグを接続。




純正のブレーキフルードを使用しました。
DOT4で有れば、社外品でもOKです。 社外品のほうが高性能を歌っていますが、今まで、ブレーキの効き等にまったく不安がなかったので、純正を選んでいます。

まず、リザーバタンクにすこし足しておきます。

この足す作業はかなり頻繁に行う必要があります。
万一、切らせてしまうと エアをラインに入れてしまう事になります。
入ってしまっても、余分にフルードを消費してエア抜きすれば良いのですが、
もったいないし、手間も掛かるので....(爆



まず、マイティバッグのレバーを操作し、負圧を掛けていきます。
有る程度負圧を掛けたら、メガネレンチを掛けたブリーダバルブを緩めると
フルードが抜け始め、タンクに溜まっていきます。



リザーバタンクを空にしないよう、補充を続けながら。
レバーを操作、古いフルードをどんどん吸い出していきます。

ブリーダの緩めが足りないと、チューブの隙間からエアを吸い込むため
少し気泡が見える場合があります。
負圧を掛けて抜いている時は、あまり気にしなくて大丈夫でしょう。
また、緩めすぎてもバルブの隙間からエアを吸うことがあります。



チューブの中に明らかに新しいフルードが流れてきました。
古い物とは 色がぜんぜん違うので判ります。



一度、ブリーダバルブを締め、溜まったフルードを廃油処理します。
「廃油処理BOXを使用しています」







次に、通常のエア抜きの要領で作業します。

☆マイティバッグはつないだままで「負圧は不要」

1.リザーバタンクを空にしないよう補充
2.ブレーキを押さえる
3.ブレーキを押さえながら、ブリーダを緩めると フルードが抜け、レバーが底まで入ります。
4.ブリーダを締め、レバーを離す

この作業を 1−4 まで、何度か繰り返します。

チューブ内に、気泡が流れていなければ大丈夫です。



リザーバの容量は大丈夫でしょうか?



ブリーダバルブをきっちり締め。 
但し トルクは 6Nm(0.6m・kg) と かなり小さいです。
締めすぎると バルブを破損します。

バルブの回りを、パーツ洗浄剤で 綺麗に掃除します。



内蓋、キャップを締め、タンクを固定します。

これで完了です。
もし、初めての作業の場合、続けてフロント と行きたいところですが、我慢して少し様子を見てください。
万一、エア噛みを起こしていても、フロント系統が大丈夫なら
何とか止まることが出来るはずです。

もちろん、その際は運転は慎重に.... 


フルードが少しでも飛んでいるようなら、水洗いをしましょう。


TOPへ戻る