届いた! FJR

そして届いた FJR

在庫ありに偽りはなく、オーダーの翌週には、現車が届いたのである。
順調、順調! (この時は ここからが辛い日々になるとは想像も出来なかったが..




箱でけ〜

でかいです。 (爆
当日、雨と言うこともあり、ラップぐるぐる巻きでそいつは届きました。



静岡には、清水港という国際貿易港があります。
YAMAHAやSUZUKIの海外向けは結構清水から船出をします。
このタイプの箱は、港周辺で 非常に良く見かけます。

自分で買うことになるとは 思っても見なかったですが...

この梱包開封は、国内仕様にはない 楽しみですね。



最終仕向地が イギリスはロンドン...ふーん
南ア仕様って聞いていたけどなあ〜  ま、いいか
型式もカラーコードもOKですう〜

ん? FJR1300A ? あれ? Pじゃない。

Pは 別便で箱だけ届きました。

APは A で入荷。 販売店で合体して AP に変身! だそうです。



じゃーん!

段ボールを外すと、こーんな感じで入っていました。
周囲は、頑丈なスチールのフレームが有り
このフレームにがっちり固定されています。

船に乗っていく訳ですから、ココまでやるんですね。

遠く船旅して 戻って参りました〜



お札?!

きょんしーかよ! (爆懐



前輪と付属品

フロントタイヤとミラー等、別の所に入ってます。
フロント取るのは、少しでも箱を小さくする工夫でしょうね?








頑丈なパッキング

かなり、厳重に梱包されています。
フレームに全てボルト止めで がっちり止まっています。







小物の箱

ぷちぷちにくるまれていますが...
このまま がさがさ放り込んで有る....

なんだかな〜 他が厳重なのに、これって

・ウインドウシールド
・ミラー
・ハンドルエンド
・マニュアル
・ちょっとした カバー類

等々








フレームばらし開始

フレームは、ボルト止めです。
適当にやると、跳ねたフレームでキズの心配が有るとのこと。
数人掛かりで、慎重にフレームを外していきます。




フロントタイヤ

BATTLAXが付いてきました。
一番内側の ギサギサの輪は ABSのセンサー様です。
コンパクトにしてありますが、基本的には 4輪のそれと同じですね。




フロントタイヤ組み付け

フロントをつり上げて。 フロント周りの組み付けです。







ほぼ完成に!

後は カウル周りとミラー周りですね。





そして!

初めてまたがりました。

でかい、重い..... 大丈夫かな?





準備完了!

さあ! あとは登録だけです。

ここからが大変でした.....

書類審査がぜんぜん 戻ってこない...

なんで? 順番待ち? いじわる?

結局、書類審査に 2週間以上掛かりました。

なんだかんだで 納車まで3週間。
オーダーしてから 約1ヶ月.....

最初から覚悟してれば良かったんですが。
そう言ってもね... 早まるんじゃないか?
なんて  淡い期待で (自爆

しかし長かった...

TOPへ戻る