ETC 

やっぱしノンストップ精算!....

通行券受け取り、ごそごそ。 取りだしごそごそ、精算して....
車のETCを装備した時、判っちゃ居たけど、その便利さには改めて感動した物です
やはり、バイクにも欲しい!

試験運用開始後、待ちに待ったETCがようやく発売されました。
(試験運用は田舎者は相手にされない状況で断念...)

しかーし、当初の制度には疑問だらけ!
装置が高いのは、市場規模考えたらしょうがないでしょう。
なんで、取り付けに業者の制限があるのか
取り付けはユーザー、動作チェックおよびセット}UPは指定業者
という4輪ではごく当たり前に行われている事がなぜ出来ない?

これじゃあ 普及も遠いな....

二輪乗りは自分でいじる人はかなり多いと思う。
車の場合、電源取得や取り付け等はある種のセオリー通りで問題ないが、
二輪はそれこそ多種多様な取り付け方に成る。
だからこそ、自分でこだわって設置したい人も多いはず。

が、軽4が無い我が家では、グレーゾーン車載器が使える訳でもなく...
あれこれ悩んだあげく、工賃はしゃくに障るが、それより自分のこだわりとして
出来る準備は全部済ませて行こう! と決めた訳です。




インナーカウルパネルの取り外し



メータ横パネルを外す。
ヘキサのボルトを外し、スピードメータ下辺りにあるクリップを抜きます。
あとは、キズを付けない様に気を付けてパネルを引き出します。




ハザードsw付近のパネルを外す。
ヘキサのボルトを外し、パネルを外します。



ハザードswのコネクタを外す。



リレー回りを外す。
ここに、リレー・ヒューズが有ります。上部のツメを押さえると、ブロックごと引き抜く事が出来ます。




小物入れの取り外し

小物入れ内に、ETC本体を納めるため、コード類を通す穴を開けます。
そのために、一度BOXを外します



BOXの前部のボルトを外す。
内側から上部の1本ヘキサのボルトを外す。
この下にもう1本有るボルトを外す。



カウルの分離
カウルの一部を分離して、BOXのボルトを外す準備をします。



フロントフォーク横、カウルの内側のクリップを外します。



ここで、隙間を少し広げると、BOXの取り付けボルトが見えます。 (外す



後は、BOXを引き出しますが、内側に電磁ロックのカプラが有るので外します。




小物入れの加工

BOXにあらかじめ穴を開け、コードを通す箇所を用意します。


位置決め
内ハザードのパネルを仮組みし、穴を開ける位置を確認します。
補強リブの真横辺りが丁度良さそうです



まず下穴を開け



穴を広げます。
コネクタを通すため、約2.5cmほど必要です






電源の取りだし

電源はいわゆるACC電源が必要です。
大抵のバイクは、ブレーキランプ回路から引き出す事が出来ます。

グリップヒータの取り付け時に電源取り出しは出来ているので、その配線から
引き出す事にしました。

キーON+12V: フロントブレーキレバー下のSW 茶色線
アース    : バッテリのマイナス端子



半田付け
グリップヒータ用電源の途中に半田付けして接続しました。



熱縮チューブを使用し、絶縁



先端にギボシ端子を付け。



テスターで念のため確認。
キーONで 12V供給される事を確認します。



とりあえず、テープ等で絶縁し、取り付け準備完了。




BOXを戻す

穴を開けてしまえば、BOXは元の位置に戻してOKです。



取り付け
外した逆順でBOXを戻します。 ハーネス、クリップの取り付け忘れに注意します。



これで、ここの準備は完了。

キーONニュートラルでBOXが開けられるか確認しておきます。(コネクタ刺し忘れ注意



アンテナステーの自作

別売りのステーが有りますが、これが 高い割に作りがチャチ過ぎます。
そもそも吸盤で取り付けるというのがちょっとひどい話し。
振動や、風圧で取れたりしないよう、がっちりした物を自作する事にしました。

どう考えても、材料費は安く上がりますし...

−−11/10一部訂正−−
ステーは雑誌等で紹介された吸盤タイプではなく、発売直前に両面テープ固定に変更された様です。(あれじゃあ当然ですね
やたらとでかいプラスチックのアームであることは変わりませんが...
また、いろいろなメーカの物や車種別に合わせた物も今後発売されるようです。



用意した物

・トルクヒンジ
 有る程度の重量の物を一定の角度で保持出来るように成っているちょうつがいです。
 このサイズで3kgほどの物が支えられると書いてあります。

・皿ネジセット M2.5x8

・アクリルパーツ 20x300x2
 定規の様な2mm厚のアクリルプレートを見つけました

・取り付け様に、外装用透明両面粘着シート



アクリルの切り出し

ヒンジのプレートより、少し大きめに切り取ります 2枚






穴開け位置確認

穴開け位置をポンチマークします。



ビス用の穴を開けます。



皿ネジは、このままでは頭が飛び出してしまいます。



皿の部分がアクリル板の中に収まるよう、頭の分だけアクリル板を削ります。
(5.5mmほどのドリルを軽く当てる)



取り付け
ヒンジとプレートを接続します。
ネジロックを持っていれば塗布します。



完成



取り付けイメージ確認

この辺りに取り付けます。
アンテナ角度は 20度±10度 と規定があるので、このくらいの角度にしておきます。

説明上、上部遮蔽物に6cm以上の空間が必要と有りますが。
別売ステーの吸盤の状況を考えると、この位置で、上部にスクリーンが有っても問題は無さそうです。
(但し、スクリーンの材質によっては 問題があるかもしれません)






と言う訳で、このまま 業者へ持ち込み

しかし...ココまで準備しておいたのに、随分時間掛けてくれました。
(内容は..... 愚痴ってもしかたないので止めておきます



アンテナ、インジケータ取り付け
コードに、コルゲートチューブを掛けてくれました。
ついでに、コード押さえで止めてくれれば良いのに...
これじゃあ パタ付きそうなので、後で止める事にします。



コード類
カウル内で済んでしまうため、コードは長すぎます。
束ねるしか手はないですが.....
3セットあります。



本体
マジックテープで固定しています。



取り出しは簡単です。



カード装着
取り出して、カードを差します。



コード取り回し
メータ横を這わせて立ち上げます。




最後の仕上げを

自分でやります。



ハザードSW取り付け
カプラ取り付けを忘れずに



リレーブロック取り付け



クリップ、ボルトを取り付け、パネルを固定



メータ横パネルも戻します。
先ほどのコードの挟み込みが気になる場合、少しパネルを削ればOK



アンテナ回り



前から



それほど邪魔になりません。
夜は、インジケータが結構まぶしいかも




早速、テストしてきました。 やっぱし 楽ちんですね。

TOPへ戻る