そして FJRと出会った

普通二輪(中型)は有る意味、自分へのリミッターだった。

そもそも、自他共に認める新しもの好き、物欲大魔王
ラインナップがトホホな普通二輪は、逆に コレでいいや... というある種のあきらめと
妙な自分への説得力が有った訳である。
どうあがいても 400ccまでしか乗れず、400ccクラスは超不人気と来ている。

結局

なんだかんだ言ったものの、取ってしまった大型二輪
取りあえず、しばらくは 銀400で行くつもりだった。
ステムベアリングに若干段付きが出てはいたが、エンジンは絶好調!
2日掛けて分解バラバラ細部まで磨き上げたばかりである。

が......
何でも乗れる、それはあまりに危険な誘惑だった。

大型取得のもう一つの目的は 銀翼のモデルチェンジに備える為だった。
おそらく 600〜650ccのあたりで出て来ると思われる新型。
いまから備えておけば、慌てなくて良いな(なにが..)
と意味不明な理由もこじつけていたのである。

こうなってくると

気になるのは、NEWモデル情報....
滅多に買わなかった「バイク雑誌」に必然的に手が出てしまったのである。

ふーんいろんな雑誌があるなあ〜
圧倒的に多いのが大型バイクに関する雑誌だ
ツーリングしたくなるような記事が満載。
もっとも ツーリングは今更と言うほど好きにやってるが...(爆

しかし、銀翼の情報はまーったくない...ない....
スクータ関連記事と言えば、派手なカラーリング、派手なマフラー、オーディオシステム
要するに流行のカストマイズ路線だな。
ふーん、すげーなー でも どーでもいいや (爆

思えば、最近のバイクって ぜんぜん しらないや。 どんなの出てるかも。
と思い、何となく手にしたのが 「世界のオートバイカタログ2005」

やっぱり ツアラーってよくね?

22年前、始めて乗ったのが YAMAHA XS400E 
今では、画像も見つからないほどレアで不人気(爆)なバイクだった。
「安かったのが購入理由」
これが、すげー乗りやすくて燃費が良くて、いろんな所に出かけたもんだ
で、すげーマイルドですげーつまんなくて、1年で止めてしまった (をいをい

まあ、イヤに成ったと言うより、翌年に出た YAMAHA XJ400ZE に完全に
落とされてしまった訳だが....




 

こいつの 青/白 と結構長い期間つき合ったのである。
(約6年)

重くて、曲がらなくて、でも カウルのおかげで長距離が楽なバイクだった。

結局 この手の ツアラーが好きだった訳だな..

その後、登場した FZシリーズにはあこがれたが、限定解除の壁はあまりに高く(いろんな意味で)

結局、普通のバイクは2台乗っただけで 以後は スクータ一筋に成ってしまったのである。













これ いいじゃん

結局 「世界のオートバイ2005」が悪かった  

特集記事の「FJR1300]に完全に釘付け....

こうなると、もう 止められない...自爆



なにしろ 登場より何年も経っている、マイナーチェンジも経て 有る意味成熟されてはいるが
あたらし物好き としては、今ひとつ踏ん切りが付かなかったのだ。


 そして、出会ってしまった

FJRは結構レア、なかなかお目に掛かる機会も無かった。
雑誌の記事や、オーナーさんのHPは穴が開くほど見たが、やはり現車を見ないと
なんとも ピンとは来ない物である。

たまたま出かけた、道志みち

道の駅で、そいつと出会ってしまった..........

かっこいい...

ここで、もう決まっていたのだろう


 なんと 実車にさわる機会も

昼休み、今日もFJRの情報収集に余念がない。

YSP情報で発見! 展示車有り!
そのまま 午後半休を取得。 高速吹っ飛ばして見に行ってしまった。 (爆

その店では遠すぎて買えないことは間違いないが。店員さんのご厚意でまたがせて貰うことが出来た。

すでに気分はオーナー。 ん、これだけ 足が着けば大丈夫だろ(なのか?


で.....

結局その足で、いつものバイク屋へ行き、在庫の確認。

FJR1300P の在庫を確認して貰う物の、 APなら在庫あり!
との話が.....予算はとっくにオーバー、ま、どうせローンだけど (爆

結局、翌日にはオーダーを入れてしまうことに成った。

また やってしまいました  m(__)m


TOPへ戻る