フロントドアライニング 脱着

運転席ドアの内張です。 スピーカ交換時に脱着します。

メニューへ戻る
イラストメニューへ戻る

ドアライニング 脱手順
ドアオープナのビスを外す
ドアアームレストの前部です。

ライニングに養生テープを貼り、この辺りから内張はずしを差し込み、少しコジリます。
ばきっと外す


ドアアームレストの後部です。

ツメで引っかかっています。

これで、アームレストのカバー部が外れます。
パワーウインドウSWコネクタ

赤丸の箇所、ツメを上に押し上げながら、カプラを引き抜きます。

コレが 非常に堅い。 とにかくがんばって抜くしかない。



このビスを外します。
ドアオープナーを外す

矢印の方向にずらす。


内張が傷つかないように、養生テープを貼る。
オープナーをこの後引き抜く際に、引っかかって傷に成らないようにしておきます。

ドアライニングのクリップを外す。

この辺りに内張はがしを差し込み、バキッと

開いた隙間から、手を差し込んで、バキバキと

ドアの後ろ側も上まで

同様に、前の方も外します。
オープナーを隙間から、中にくぐらせます

外しました。
裏から見ています。

赤丸の部分が クリップ
ドアにはめ込まれているだけです。
ドアの内側

赤丸の部分がわざとらしくへこんでいますね。


内部を確認

ドアパネルの補強材、サイドインパクトビームが入っています。

このケーブルはドアオーオプナー、ドアロックノブのワイヤーです。
内部を確認、前部

ここにはカプラーが有りました。

ドアハーネスが、一度ここまで持ち上げられているようです。
このへこみ...

万一、サイドから追突された際に、ドライバーの腰辺りを少しでも守るためなのか?BOXがドアライニングに仕込んでありました。

こんな物でも、それなりの効果を発揮してくれるんでしょう。

でも、これ デッドニングの際に確実にじゃま...


スピーカを外してみる

ビスを外したら
スピーカを上に持ち上げると外れます。
下部の四角い穴に スピーカの下部のツメが刺さります。

見た目、結構ショボイですが....
なかなかどうして、結構低音が出るんです、このスピーカ。
さすがに、高出力アンプを使うと惨敗ですが..

後で、交換予定です。




ケーブルの取り回しは?

ドアケーブルは、単純にゴムチューブを通してるだけですね。
これなら、追加配線も簡単です。


スピーカホールから配線ドア側を見る



ドアからボディへ



ヒューズBOXの横からドアに行ってます
内部を確認、真ん中あたり

いくつか不用なサービスホールが有りますね。

デッドニングの際に塞ぐ必要があります。



ドアライニング 着手順
ドアライニングを上から窓の隙間に差し込みます。

ドアオープナーを穴から外へくぐらせ
ドアライニングをしっかり差し込んで。

コネクターをこの隙間から外側へくぐらせて..

パワーウインドウSWへ差し込みます。



ドアライニングのクリップをはめ込んでいきます。

かるく 叩くと簡単に入ります。


ドアオープナーハンドルをはめます。

このツメをこの穴に差し込み、後ろにずらすだけ

養生テープはもう不用..


ビスを2本止め



アームレストカバー部の後ろ側のツメを差し込んで。



前側のツメは、この穴にはまります。



押し込んで..



きちっとはめて 完了!




メニューへ戻る
イラストメニューへ戻る