慣らし運転って?

メニューへ戻る


慣らし運転の考え方
マニュアルにもありますが....

1000km まではおとなしく走れ!  と言うことです。
慎重な人の例

  500kmまで 2500回転を越えない−−− オイル交換、フィルター交換
 1000kmまで 3500回転を越えない−−−   同上
 2000kmまで 4000回転を越えない−−−   同上


これって?

正解です。 (爆

適当な人の例

  
  500kmまで あまり回さない、あとは 普通に好きに乗る オイルは指定距離で交換


これは?

正解です。 (爆

エンジンって大丈夫なの?
バリとか、金属粉とか?


最近のパーツ、組み立て精度は ものすごい物があり。 心配するほどでは有りません。

完成検査で、エンジンも ぶんぶん回します。

スラッジが出ないとは言いませんが、出た物もちゃんとフィルターで止まります。

じゃあ どうすれば?

好きにやってくださいませ (爆
大切なのは、ドライバー自身が 車に慣れること。 車両感覚がおおよそつかめてくれば OKでしょう。

ただし、ブッシュ関係(ダンパーのシールも)については、多少 慣らしを考えた方が良いです。
一気にガツン! とやると、ダンパー等 OIL漏れの可能性も有ります。

慣らしも楽しみの一つと考え、自分の好きなメニューでやってみてはいかがでしょう?

多少意識するだけで十分です。


ちなみに....

私、結構 いい加減派

500kmまで、様子見 (いきなり回さない)、 OIL交換して、あとは 普通に乗る(たまには回す)

5000kmで2回目 (ここで フィルタ交換)

あとは、5000km毎、フィルタはOIL2回で1回

このパターンで 4、5台は乗っていますが、どの車も すこぶる快調でした。

300kmも走ると、大体車両感覚もつかめるし、タイヤもブッシュ類も ほぼOKに成ります。
一応、 +200km は 意識して 500kmで ほぼ 慣らし終了! こんな感じです。


そんなわけで
半月でだいたい終わりました。

初回点検もすませ、絶好調です。


メニューへ戻る