サテライトスピーカ取り付け

リアスピーカに、サテライトSPを付けてみます。

低音は厳しいですが、後方からの中高音のフォローには十分です。

結構、音量は絞らないと、後部席ではうるさいかも...

カロッツエリア TS-STX99

メニューへ戻る

設置位置の検討
スピーカのフットは、引っかけるタイプに成っているので、この辺りに引っかけて設置します。
こんな感じで...
小さいので、じゃまにもなりません。

配線の取り回し
スピーカの配線は、内張の中を通し、フロントまで持って行きます。

まず、リアドアのモールを外します。


フロントドア下のモールも外します。



配線は、このように隙間に押し込んでしまえばOK
リアドアの後部ピラーの中を通し、コードを床までおろします。
コード通しを使用して、後部ドアの床下から、フロント用のシートベルトのブロック下を通して、前に引き出します。

(コード通しが必要)





フロントまで持ってきたら、ボンネットオープナの横から、インパネ内部へ引き込みます。
助手席側も同じ要領で引き込み、グローブBOX裏を通してヘッドユニットの所まで持ってきます。
配線接続
ヘッドユニットのリア出力に接続。
オーディオパネルの脱着は ここ

このとき、配線の極性に注意します。
スピーカによって異なるようなので、取説を確認しましょう。


動作確認
ヘッドのフェーダをリアに、バランスを左右に変えて、正しい位置から音が鳴るか確認します。

ここで、問題なければ、パネルを元に戻し、配線類をきっちり取りまとめて、完成です。

取り付け完了
パネルが若干浮いてしまったのは、致し方ない感じです。
パネルのクリップがしっかりはまっているので、重さでパネルが取れたりはしないでしょう。




メニューへ戻る