キーオフタイマー電源の作成

キーオフ後、一定時間は操作が可能にしたい箇所が有ります。

フロントウインドウのみは可能ですが、ミラーなどもたためるようにしたい。

と言うことで、一定時間経過後にOFFになる電源を組み込みます。

メニューへ戻る

キーオフタイマー電源を作成
キーオフ、一定時間経過でOFFにするタイマーリレーを使用します。

以前は、お手軽に使用できる物が無く、自作していましたが、最近では net上で売っている方もおりますし、エーモン等からも「タイマーユニット」等の名称で市販されています。

ユニット単体では回路の容量が足りない可能性も有るため、もう一つ電源用のリレーを追加しています。


と言うわけで、作成は一気に割愛して、用意したのはコレ。

エーモン製を使おうとも思いましたが、手持ちを捨てるのももったいないのでそのまま組み込みます。
電源BOXの予備端子部分に接続しました。

キーをOFFにしてから、指定時間 電源が供給されているのを確認します。

とりあえず 1分で設定。



ミラー格納電源に繋いでみる
オートミラーユニットなどもありますが、そこまで自動にしなくてもいいでしょう。
でも、エンジン切ると格納出来ないのもちょっと不便。
と言うことで、ミラーの電源に繋いでみます。

ミラーは単純に イグニッション+12Vを主電源にしているだけなので、この電源に繋ぎ変えるだけです。

ミラーSWは メーターフードの中に付いているので
フードを外して、コネクタを抜きます。

フードの外し方は ここ
カプラのコルゲートチューブを外して、目的の配線を見つけます。

No.2 茶色線


茶色線を切断し、ギボシ端子を使い、先ほどの電源に繋ぎます。

カプラー側です。
切断した反対側の絶縁も忘れずに。

チューブを戻して、配線をまとめ

ミラーSWにコネクタを接続。

動作確認までは、メータフードは仮置きで...
キーをOFFでも、ミラーがたためるか。
指定時間経過したら動作しなくなるか。

確認して完了!

確認完了したら、メータフードを戻します。

メニューへ戻る