メーターパネル周りの脱着

メーター周りに何かを取り付けたい場合、パネルを外して隙間に配線等を隠すのが
一番きれいに納める方法です。

−−基本手順−−
1.パネル上部のカバーを外す
2.パネル横の銀色の縦パネルを外す
  
(07/03/14 外し方見直し)
3.木目パネル(一体型)を外す
4.メーターロアパネルを外す

06/02/26余談 GPSアンテナの位置 追記

[Back]

−−外せ!−−





上部のパネルを外す


引っ張るだけです、クリップでぱちんとはめられています。

銀色の縦型カバーを外す

左右にある、半円状のカバー。
実は、こいつが一番やっかいです。
内部は3カ所のクリップではめ込まれているだけなのですが。
ちょっと引っ張った程度では全く取れてくれません。

少し、道具を使用してあげればナンとかなります。

07/03/14 外し方、見直しました



用意する物

○養生用のテープです。
これ以外でも、引っ張り強度が強く、厚めでしたら大丈夫です。
梱包用(紙・布)では少し厳しいかもしれません。

○内装剥がしレバー
樹脂製で、様々な形がありますが、今回は テコの原理を利用出来る物が良さそうです。


まず右側から



下部のカバーを少し浮かせます (引っ張るだけ)



木目パネルのこの辺りを引き上げる感じで、ツメを外します。




隙間が見えました。



この部分に、養生テープを張り、木目を保護



内装剥がしで、べきっと行きます。



一番厄介なのは 下部のクリップ。
この部分が外れれば、あとは比較的簡単です。



こんな感じで、テープを貼り付け



手前に 一気に引き抜きます。 (両手を添え、つまむ感じで)



やはり、残ってしまいました。 クリップ

ラジオペンチ等でうまく引き抜きます。 
失敗して落としてしまうと(からから異音)の元になり得ます。
運が良いと、下へ落ちる箇所も有ります。



よく無くしてしまうので(爆)
予備をあらかじめ準備しています。



このクリップですね。


右はOK


次は左



グローブBOXを開け、この辺りを引っ張り、ツメを外します。



左側は、このくらいしか隙間が出来ません。



養生テープを貼って。



ばきっ



下側のクリップが外れます。



あとは、同様に、手前に引き抜けばOKです。

あれこれ、やってみましたが、コレが一番簡単な気がします。

何度もやっているので、多少緩んでるかもしれませんが.....




木目パネルを外す


木目パネルは 左右通して 1本物です。

クリップによるはめ込み式ですので。
隙間に指を入れ、ぱきぱきと 浮かしていきます。











ひたすら、外していきます。





コネクタを外す


一通り浮かせたら、ACパネル裏辺りに 2つコネクタがあるので外します。





パネルの引き出し


とにかくでかいので、左右を注意しつつ引き出します。
戻すときのため、どのような感じで抜いたかは覚えておきましょう





取れました。











メーターロアパネルの取り外し

左右にタッピングビスが4本。
下部は、クリップ止めのため、引き出していきます。

そのまま、下側から持ち上げて 外します。







外れました。
これで、ようやく メーターとナビ表示部を外すことができます。







ナビパネルの取り外し

下部にタッピングビスが2本。
上部にタッピングビスが1本。

そのまま、上部を手前に倒す感じで外します。







背面のカプラを抜けば、パネルが外れます








メーターの取り外し

左右にタッピングビスが4本。

そのまま、上部を手前に倒す感じで外します







背面のカプラを引き抜けば、メーターは外れます。

最近はメーター用の配線が非常に少なくなっていますね。
少し前まではカプラ1つなんて考えられませんでした。

メーター内に、表示用のコンピュータが入っており。
表示内容も、車内LANのデータを受信して表示しています。

車内LANは CANと呼ばれるシステムで。 
F-CAN、B-CAN の2系統があります。

−−取り付け!−−






メーターを取り付け


カプラーを忘れずに差し、下部から差し込みます。

左右のタッピングビス 4本を取り付けます。






ナビパネルを取り付け


カプラーを忘れずに差し、下部から差し込みます。

メーターパネルとの連結部をはめ込みます。

タッピングビス(下部2本、上部1本)を締めます






メーターロアパネルを取り付け


ロアパネルをはめ込み、下部のクリップ部を押さえつけてはめます。




確認


この辺りで、表示されるか始動して確認します。




タッピングビスを締め込みます。





木目パネルの取り付け

まず、木目パネルを仮置きします。





背面のACパネルカプラを2つ、取り付けます。









パネルの左右、中央を 様子を見ながら、正しい位置に調整します。





後は、全体をはめ込んで、完了!





動作確認をします。





クリップの問題

最初に外す、銀色の縦パネル、裏側のクリップが外れてしまうことが多いです。
ひん曲がっていることも多く、プライヤー等で整形して、元の位置にはめ直します。







縦カバーのはめ込み

叩き込む感じで、カバーを戻します。

多少の傷は DIYの勲章! ということで....

頼まれても、人のはやりたくないなあ〜 (爆 傷付けないのは無理でしょう...





バイザー上部カバーのはめ込み

バイザーのカバーをはめ込みます。





完了!

無事、元に戻りました。





06/02/26余談 追記
GPSアンテナの位置

この内部の銀色のプレートに、GPSアンテナが付いています。
上部パネルで言うと、丁度この絶縁テープを置いてある辺りの位置がそうです。

この部分、なにかで覆ってしまうと、純正ナビの衛星補足感度が落ちる可能性があります。
5.1ch化などで、センタースピーカの設置する際に、気を付けてください。


[Back]