新型(MC)エリシオンを検証する

06/12 ビッグマイナーチェンジが行われました。
3.5Lの登場など、クラスの幅が大きく広がりました。
2.4、3.0については、外観の若干な変更と、装備関係のリストラ?

回転対座が無くなったのも、ちょっと残念ですね。
(使わない人には全く不要な装備ですが...)

既に、賛否両論飛び交っているようです。

一番目に引く装備のキャプテンシートのアレンジについて、少し検証してみました。


キャプテンシートのメリット

・乗り手が占有感を得られる
・3列目のアクセスがし易い
  使用頻度が多い方にはイイですね
  チャイルドシートの装着が多い家族も乗り降りがし易いです

キャプテンシートのデメリット

・買い物等の荷物が多い場合、ベンチシートの様に気楽に置けない
 座面が小さいので床へ置かざるを得ない場合があります
・子供の世話(おむつ換え等?)はベンチの方がし易い
 停車時の昼寝などでも、ベンチの方が断然使いやすいです
・フラット時の間の隙間が大きい

以前所有した車がキャプテンシートでしたので、その時感じた不便で
まとめています。

キャプテンシートの場合、カタログで、小さい文字で片づけられている
(結構大きな?)制約が有りますので、注意しましょう。

[Back]



セカンドシートのレール部分です。
ベンチシートのタイプに比べ、右側のレールの幅が随分狭くなります。
また、トリプルゾーンACの場合の 温風吹き出し口も位置が変わります。
(吹き出し口の画像は入手出来ず...)




座面のチップアップは以前と同様




スライドもフロントシートの直前まで出来ます。
(これも同様)




おや? レールが食い違っています
サードは6:4の為、幅広のレールがここまでで切れています。



サードの座面のチップアップも従来通り




助手席側のサードシートは、今まで通り、セカンドシートの通常位置くらいまで
スライド出来ます。




が.....

運転席側のサードシート、レールの関係でここまでしかスライド出来ません。
画像に見える助手席側のサードシートとの位置がこれだけ差があります。

セカンドはチップスライドで前まで来ますが。
こんな所に、空間が出来ることに成ります。




この状態が、サードシートスライド時の最大ラゲッジスペースです。
ベンチシートと比べ、かなりスペースに差があります。

荷物を積む機会も多い方は、この点良く検討しないとまずいですね。
かなり狭いです。




○余談その1

2.4のメータです。  あれれ? 青リングが無い....
割愛されてしまい、 自慢の? スーパ立体自発光が....




−−旧−−



−−新−−

○余談その2
グリルの形状の違いは、このカバーにも現れています。



−−旧−−



−−新−−

○余談その2
グリルはもちろん、ライトの形状もかなり違います。

新型の顔にスワップ検討されている方は、参考に成りますでしょうか?

細かい箇所の改善はほとんど見られないMCの様です。
ラゲッジライトや、壊れやすいコインBOXなどなど、いろいろ考えて頂きたい部分は
多いのですが.....


ちなみに、ナビについても ほとんど変わっていません

[Back]