取り付け手順

フロントウインカーとポジションを入れ替える手順です。

準備編はこちら

[Back]


準備




真ん中の銀の箱に、12V10Wの電球が入っています。
ハイフラ対策のため、コレをテールランプ付近に接続・仕込みます。

ハーネスはフロント用、画像ではバルブソケットも写っていますが
取り付け時には、車両にあるソケットを使用します。

スモールのバルブは、ダブル球を加工して 5Wにしてあります。
(市販では、この仕様はない)



テールランプ付近にユニットを接続




車両の左後部にある、テールランプのメンテナンスカバーを外します。

アースの接続部分が見えますので、このボルトにユニットを取り付けることにします。
ボルトが落ちても大丈夫なように、下にウエスを詰め込んだら、ソケットレンチで
ボルトを外します。



外したボルトは、ユニットのステーに通して



ユニットの裏側には両面のクッションテープを貼ります。




元の位置へボルトを使用して、取り付けます。
ユニット内の電球が万一断線した場合に、交換が出来るよう、フタが外せますので
その辺りを意識して、配置しましょう。



こんな感じで、フタのボルトとフタがはずせればOK



テールランプからウインカーを抜きます。 ソケットを左周りにひねるだけ



ハーネスへ接続するため、保護テープをはがし、コルゲートチューブをめくります。



ユニットの2本の線にワンタッチカプラを接続



テールランプの同色の線に接続します。



ウインカー電球を元に戻しておしまい。



右側も全く同様に接続します。 ボルトも同じような位置にあり。(アースはない



フロントのランプ入れ替え




フェンダーのクリップをはずします。



全部で4つほどはずすことになります。




フェンダー内側のカバーをめくり のぞき込むとウインカーが見えます




手が入りにくく、堅いですが、とにかく 左へ回してソケットを外します。



抜けたコネクタのツメを押しながら、ソケットごとウインカー球を外します。
外したコネクタをフェンダー外から エンジンルーム内へ押し込んでおきます




ウインカー抜けました。



次はポジション球を抜きます。



ポジション球のソケットを抜きます。



変換ハーネスのソケット部をポジションコネクタに接続します。
ポジションとウインカーはツメの形状が違うので、間違った位置には刺せません。



ヘッドライト後ろ側を通して、ウインカーのコネクタ部を引き出します。



変換ハーネスのソケット部をウインカコネクタに接続します。



ウインカーソケットからウインカー球を外して、ポジション用のホワイト球を
取り付けます。 かなり堅いが、押し込みます。



ポジションソケットからポジション球を外して、ウインカー用のアンバー球を
取り付けます。 こちらは、堅くない。



変換ハーネスの、ウインカーソケットを接続します。
これも、ポジション用はウインカー用には刺さらないように成っています。



ポジション位置に、バルブを戻します。
スコンと奥まで入る位置を探して、差し込めたら、右回りにひねって固定



変換コネクタのポジション用のコネクタをヘッドライト裏を通して、フェンダー内に
入れます。



フェンダー内部にコネクタを引き込んだら、ポジション球のソケットを刺して。



バルブを取り付けます。
やはり、奥まで差し込まれる箇所を回しながら探し、スコンとはまったら
後は 右へはめ込みます。



V6系は 左側の作業には バッテリ外しが必要です。



右と同様の手順で変換ハーネスを組み込み。



左も完了。



ハーネスが遊ばないように、インシュロックで固定して完了。



点灯を確認。



夜間点灯はこんな感じ。


[Back]