パドルシフト(なんちゃってシーケンシャル化)

発端は....

ハンドルにスイッチを追加できないかな?


ステアリングに、様々なSWが付いていますが、同じようにいくつかSWを増設できないかな?
と言うことでした.....

ご承知の通り、ハンドルはぐるぐる回っちゃうので、簡単には優先の回路を追加できません。
標準の様々なSWは、ケーブルリールというパーツを通し、その問題を解決しています。
ケーブルリールには、予備(空き)配線が有ることもあり(グレード・装備による)そこに端子を差し込むことで、いくつかのルートを確保できますが、数に限りがある上、あまり大きな電流を流すわけにはいきません。(最悪 エアバックの誤爆も心配

まず思いついたのは、ホーンの回路をかっぱらうこと

ホーンの回路に、ステアリング内のSW操作を合成して割り込ませて、ケーブルリールの後ろ、ハンドルコラム内でデコード、それを利用すると言う方法です。

ここで、ちょっと問題が....
ハンドル内に、スイッチの制御回路を組み込むためには電源が来ていないことがネックに成ります。

まあ、紆余曲折の上、実験回路も完成し、ホーン回路割り込み方式で一応めどが立ちました。

が.....

先に気が付くべきでした。 私の車にはクルーズコントロールが標準装備されていますが。
なんと、クルコンの制御信号はまさにそのホーン回路への信号割り込みでした (汗
SWの操作、トリガの取り出しは成功した物の、純正のクルコンが死んでしまいます (爆

あとは、空き端子方式しかないか.....と

問題は、空き端子用の雌コネクタ端子が、そこら辺で売っている物では無く、いままでは
不要なジャンク品純正カプラを分解して取り出していました。
困ったときは、相談してみる物で...(爆
BBS「メカ掲」に来て頂いてる方から、端子入手方法の有力情報を教えて頂きました! (感謝!

ホーンに割り込みを止め、空き端子を1つ利用することで、最大 5個までのSWを増設に成功。

D3ボタン、メータ切り替え、ハザードSWの移設、後付クルコンの操作
をハンドルに移設してみました。

またまた要望が!
D3ボタンをハンドルに付けるとおもしろいよー! と エリ乗りの仲間に自慢していたんですが(爆笑
ある方が、「じゃあさ? 2レンジのボタンも付けられないの?」 と、素朴な超難題が....

D3ボタンは単純なSW回路なので、移設は簡単です。 が、2レンジはそうは行きません。
でも、できないの? と 言われると 燃えてしまう悲しい性(自爆

ここからは、猛烈に苦労しました。

簡単に書くと
本来のレバー操作、増設したボタン2つの操作 を双方検知して、ドライバーの変速指示を判定
ECUによるAT制御への操作信号をかっぱらい、偽の操作信号をぶち込む。

簡単じゃない? (爆    まあ、なんとか成りましたよ。

またまたまたまた要望が!
D3、2レンジって シーケンシャルなの(UP-DOWN)?

うっ...

さらに、プログラムは複雑化し......

完成!

ただし、あくまで なんちゃってシーケンシャルです。(ギア固定指示は不可能)

シフトダウンは 3,2 と2段階できます。 シフトアップはATのプログラムに依存です。
レバー操作のD,D3,2レンジをハンドルのSWで操作可能と言うことです。

(でも、十分おもしろいですね)
ちょっとした 山道で、気持ちよく2レンジが使用できます。

と言うわけで、DIY情報としてUPしますが、自作して頂くのはかなーり困難です。
中途半端に方法を書いても伝え切れないと思いますので、詳細は割愛させて頂きます。

アホなことまたやったねー と笑ってやってください、ませ。

−−08/07/07
 ご要望にお応えし、有償配布を開始しました。
 こちらでご案内しております。


[Back]



 コントローラの基盤。


これは、プロトタイプですが、最終仕様はもう少し小さくしました。
青い端子のところが、ハンドルの操作でON-OFFするリレーのSW回路に成っています。
この5つの内、2つをシフト操作に利用するので、のこり3つは好きな物に利用できます。

DipSWで、3つのSWの、モーメンタリ(プッシュ時ON)、オルタネイト(プッシュONホールド、プッシュOFF)
を選択可能にしました。






 SWBOX作成


適当にSWをBOXに取り付けて....





 あとは、ハンドルの左右に パドルシフト用のSWを


両面テープで付けちゃってます(爆



 ハンドルの小細工




ハンドルを分解(エアバックを外します) ※これ、実は結構やっかい
増設したSWをSWセンサー用基盤に接続、アースを確保します。



ケーブルリールのカプラの空き端子1つを利用し、SW信号をハンドルの外に送ります。



ハンドルコラム裏のカプラから取り出し


 ECUへ割り込み

レバー信号の取り出し、偽信号の送り込みの為
ECUには4本接続をします。

画像はシフトインジの為に、たくさんつながっちゃっていますが...

次に、ハンドルのSWのセンサー値をコントローラユニットに記憶させます。
(それ用のプログラムも、もちろん内蔵)

この後、その他のSW回路を利用して
・ハザード
  ※ついでに、サンキューハザード(3回点滅機能)もプログラムしちゃいました
・後付クルコン操作

などを接続しました。


 で、どんな感じかと言うと...




まず Dレンジ    (あ、ガソリンないぢゃん



ダウンボタンを押すと D3モードに



さらに ダウンボタンを押すと 2レンジに入ります

UP動作は、この逆

UPボタンで D3、D と切り替えていきます。

まあ、こんな 感じです。


[Back]