KYB Lowfer Sports を組んでみる

先日、Moduloを組んだ2.4のエリですが。
もう少し、しっかり感が欲しい! 普段のごつごつが気になる と言うことで、
KYBのローファーを組んでみることにしました。
サスは、ModuloのBlackieを使用するという、ちょっぴり異色の組み合わせです。

通常は....


ダウンサスに、ローファーが正しい組み合わせです。
ローダウン時、当然ダンパーの仕事する位置が変わる訳ですが、
ノーマル用ダンパーでは、最初からダウン分だけ縮めてしまうので、ストロークも不足してしまいます。
ローダウン時には、ローダウン用ダンパーを組み合わせるのがお約束という訳です。
ローファーの説明にありますが、標準のサスへの組み込みは NGと指示されています。

ちなみに、ローダウンしたくないけど ダンパーを換えたい場合は。
ローファーではなく、NewSRスペシャル を選択してください。 こちらはノーマル車高リプレース用です。

作業内容は

Moduloを交換した手順とほぼ同じですが、フロントダンパーのみ入れ替えのため、サスを外す
手順が入ります。
記事としては、この部分のみとなります。
全体の手順は、Modullo組み込みの記事をご覧ください。


[Back]






こんな大きな箱にフロント用が1本ごろんと...
しかも、緩衝材無し

普通のストラットの場合、スプリングのロア受皿があるので、この箱に成るんでしょうけど..

付属しているのはトップナット(ロックナット)だけです



こちらはリア

ダストブーツ、バンプラバー 等すべて付属していました。
純正で流用が必要なのはアッパーのラバーブッシュのみ。



比較




と言う訳で、ちゃっちゃっと フロントダンパーを外して 比較してみます。





ダンパー上部の取り付け位置(3本のボルト位置)
ダンパー下部の位置合わせ用の突起

上下の位置関係を確実に合わせる必要があります。
ストラットタイプの様に、上部が回転しないので、組み付けてからの位置合わせは
難しくなります。

必要に応じて、上部の皿の部分と下部の突起部分の合わせ位置をマークしておく
と良いかもしれません。

今回は、サス(スプリング)は交換しないため、位置合わせはあまり意識の必要が
有りませんでした。

「左右位置が違うので注意」



フロント




フロントのダンパーは、見ての通りスプリングがセットされているため
スプリングを外して組み替える必要が有ります。

スプリングを縮める為には、「スプリングコンプレッサ」が必須です。

これは アストロプロダクツで購入(¥4k程度




左右からこのように掛け、均等に締め込んでいきます。



スプリングがゆるんだら、シャフトの真ん中に 6角レンチを差し込み、回り止めをし
トップナットを緩めます。



外れました。



スプリングを外し、ダストブーツ、スプリング下部のシートを外します。



バンプラバーも移植します、このリングはきっちりはまってるので、
ハンマーで軽く叩いて外します。



ダンパーの動き(堅さ)を確認してみました。
縮み側はローファーの方が柔らかく、伸び側はローファーの方が堅いようです。
純正特有のコツコツ感が多少変わってくると思います。



バンプラバー、ロアシートを取り付けます。



ダストブーツを付けて、スプリングをセットします。



アッパーシート、プレートを取り付けます。
このとき、前述の通り、下部の位置合わせ突起とアッパーの位置を合わせます。



シャフトのトップが6角ではなく、組み付けには バイスグリップを使用します。



組み付け完了

あとは組み込むだけ。

リアの組み込みは、前回の手順とほぼ同じですが。
ダンパーの入れ替えだけなので、リンク関係をばらす必要は
全くなく、ダンパーを差し替えるだけでした。

肝心なインプレですが.....

時間が足りず、組み付けの確認しか出来ませんでした。
が、純正より マイルドな感じがしました。
(但し、堅さは感じる)

[Back]