キャリアシステムの変更

洗車が大変&少し位置が高い
純正のルーフレール用キャリアは、こんな弱点が有ります。

現在使用しているBOXのブランド、TERZOから、ルーフレール無し用が
発売されている物の...ボディをつかむタイプのため。
BOX等積み込んだ際の荷重制限が低くなってしまします。

RV-INNOで出されている ルーフレール無し用は。
純正のルーフレール取り付け部を使用する物で、
その点は不安がなさそうです。
高さも3cmほど低くなるし、洗車もし易いかも? 

と言う訳で、交換してみることにしました。

ルーフレールを外した手順はこちら

−−−購入した物−−−

・取り付けフック TR116 
・ステーセット INXR-6 
・バーセット
INB127S


[Back]


準備




ルーフモール部は、モールそのものを外してしまうと、ずいぶん深い溝が有ります。
この部分をふさぐ為の物が絶対に必要です。

このステーセットには、その溝を埋めるための、ゴムのモールが付いてきます。

それらを、指示寸法通りに切断して準備します。



溝の上に両面テープで貼り付けるという訳です。



貼り付け用の両面テープは付属してきます。



パーツクリーナー等で、モールとボディの両面テープの接着面を十分脱脂します。



貼り付け面の両側に 両面テープを貼り付けました。



純正のボルトの部分(先頭・中間)にステーの金具を取り付けます。
前後で形が違う点に注意します。



こちらは、リア側



ステーの上に、更にアタッチメントを取りつけます。
前後で方向が有るので、矢印の向きに注意します。



ステーが付いたら、ゴムのモールを貼り付けます。



ステーの上には、こんな形で フットが乗ります。



まず、フットにバーを通し(両側)
 ※これ、先に通さないと乗せにくくなります。



乗せる。幅に注意
左右のロック部分を閉め込み、キャリアをガッチリと固定します。



レールが無い分、手は入りますね。



後は、BOX、ラックを積み込むだけ。

完了です。


ねらい通り、車高も下がったし、洗車もし易そう..

でも、質感は遙かに純正の方が上です。

[Back]