メーターSWを移設する

エリシオンのメーターは、距離、トリップ、外気温 など 多種の情報を表示できますが。
そのswがメーターパネルの上部に有るため。 非常に操作性が悪い!
最上のVZハンドルにSWが付いていますが、その他のグレードは切り替えるためには
かなり、乗り出して押す必要が有ります。

だめじゃん、設計 (爆

ダメな物は工夫で何とかしてしまおう! と言うことで照度コントロールはともかく
単純なスイッチの部分の移設をしてみました。

☆☆ 用意した物

・シールド線 2芯 1m
・プッシュSW

☆注意☆
メータそのものをばらし、改造します。
簡単ですが、半田付けは必須です。
作業に自信が無いかたは、手を出さないでください。
メーター壊すと高いので.....

[Back]
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

メーター外し、戻しの手順は、こちらを参照してください。


メータにSWをつなぐ




メータの裏側のカバーを外し、内部の基板を露出させます。
まずは、このコネクタを外し



下部の別カバーを外します。



ツメを外しながら引き上げます。
この部分、非常に弱く、力を掛けるとすぐに折れてしまいますので慎重に
外周にいくつか、真ん中辺りに2つほどツメがはまっています。

焦らず、少しずつ慎重に



少しずつ、端から



やっぱし、折れちゃいました。

数本ならまあ、大ジョブでしょう (笑



この辺りがたぶん..... ビンゴ この2本がSWの回路でした。
テスター確認で、単純なプッシュONで有ることが確認できました。

(注) カバーが外れると、基板がかなり浮いた状況に成ります。
メータ針へのトラブルもあり得ますので、取り扱いは慎重に!



この部分に、SW外だしの為に、2芯のシールド線を取り付けます。



要するに、タダのプッシュONスイッチをもう一つ付けてしまう訳です。



この部分、微振動などで、被覆が剥け、ショートの恐れも有りますので
絶縁対策をしっかりしておきます。 (チューブ、テープ 併用)



カバーを戻す訳ですが、コードの通る部分の逃げをするため。
一部切り取ってしまいます。



これで、準備完了!



テスト




借り組して、テストします。

短押しで、モード切替。 長押しで、トリップリセット出来ることを確認します。



SW設置


パネル下部に、空きがあるので、スイッチを埋め込むことにしました。



SWカバーを外し。



裏の余分な部分をちぎります。



穴を開け



SWを取り付けます。



設置完了


[Back]