いつ3気筒で走ってるの? ECOランプって?

3LのV6エンジンは HONDAご自慢のシリンダー休止機構搭載です。
こいつを積むために、その他の仕組みとして、ノイズコントロールやら
エンジンマウントコントロールやら....
とにかく、メカ好きにはたまらんギミックが満載です。

ご存じの通り、メータパネル内にECOランプが点いておりまして。
燃費がよろしく地球に優しい走行状態の時に ぱっかーん と
ECO が点灯するわけです。

雑誌やWebの紹介記事で この時 3気筒であるとの紹介も多いですね。
あらゆる速度域で ぱっかん ぱっかん 点灯して、自己主張しまくっています。
あんまり、点灯するので、逆に疑っちゃいました。

あれこれ調べていくと、 気筒休止は要するに VTECの仕組みの応用であり
VTECの作動をセンス出来れば、知ることが出来るわけです。

VTECをみちゃえ! ってのは 以前よりやってますので、お手の物です。

−−参考 StepWGN等での シフトインジケータ−−

早速 エリシオン用のプロタイプを作成しました。

−−機能−−

変速ギア表示      : ATの選択ギアポジションを表示します
ロックアップ作動表示 : ATがロックアップしていることを表示します。
気筒休止表示      : 気筒休止状態で 1.5Lエンジン化してることを表示します。


ロックアップとは−− トルクコンバーターを通さずにエンジンをATに直結する為のクラッチ機構です。
             コンバータを通したくない状態の時(ロスを減らす等)や、滑り感を無くしたいとき
             直結する制御が入っています。 ロックアップ状態は燃費に有利と言うことでも
             知られています。
             アクセルワークで、意図的にロックアップさせる状況を増やせるATも有ります。

[Back]



表示部


まだ、基板剥き出しですが.... 
シフトポジション表示の 7セグメントLED、気筒休止表示の 緑LED

※赤LEDは 未使用




制御部


PICを使っています。 基本的には 他のモデル用とほとんど同じです。
(ファームウエアは 他もそうであるように、車種別に専用となります)




 ECO点灯、6気筒時


ECOランプ点いています。 でも 6気筒です。




 ECO点灯、気筒休止


定則巡航状態に入ると、気筒休止に入りました(緑点灯)
クルコン動作表示出ていますが、クルコン未使用でも同じ状況です。

やはり、切替のショック等はほとんど有りません







 プロトタイプ完成


他車種用に比べ、大きさを押さえてみました。
パネルもスモークを張り込んで、直射の入り込みを極力抑えてみています。
コードが細く出来ると良いんですが、なにしろ 12芯なので..  (^_^;)

ハンドルコラム上に設置すると、コードは隠れますが、ステアリングをちょっとでも切ると
表示が隠れてしまいます。 気筒休止を見るときはほとんど直線路だと思うので、まあそれほど問題ではないですが。


どうやら 40km/h-110km/h 辺りで、巡航に入ると 気筒休止するようです。
条件が合えば? 30km/h位でも入ることがあります。
但し、水温が暖まらないと切替がされないので、短距離短時間走ではやはり
燃料喰っちゃうみたいですね。

ECOランプはシリンダ休止とは関係なく点いています。
瞬間燃費10km/L 辺りで、点灯していそう。
が、気筒休止時には 必ず ECOランプは点灯していました。


もう少し調べれば、気筒休止状態に早めに持って行く アクセルワークとか編み出せるかも?

[Back]