ポジション、ハイビーム バルブ交換

エリシオンは全モデル HIDプロジェクターヘッドランプが装備されています。

2灯式の場合、通常 ハイビームは ハロゲンを使用しています。
(コスト問題が一番大きいと思いますが..)
純正のHIDは 社外品ほど青みが無く、白が強い感じですが、はやり ハロゲンの色
とは 全く 色味が異なってしまいます。
併せて ポジション球も 通常のウエッジ球を使用していますので、色的にはハロゲンに
近い物がついています。

そんなこともあり、 ポジションとHIDの色。 ハイビーム使用時の色ずれ。
これは、どうしても感じてしまうところです。

幸い、どちらも 色目を変えるための市販品が出ているので、交換してみることにしました。

ポジション球については、LEDタイプや 青色も出ていますが。
今のところ どちらも保安基準に適合しない物がほとんどです。
その辺り、意識して 物は選びましょう! 
「競技用の公道使用は NGですよ〜」


[Back]


純正の色ずれ


どうしても、白 と オレンジ って感じに成っていますね。

まあ、これはこれで いいじゃん って方も おりますが.....




市販品を入手


純正HIDとの相性を考え、あまり青白く成らない物を選んでみました。

どちらも、車検対応品 3800k の物です。

へたに 4500k とかより うんと安いんです。





バルブそのものは 青く着色されているようです。 もちろん 光ると全く青くないです。
タイプは H1 です。



ウエッジ球も 青いですね  12V 5W の物を選びます。


−−まずは 右(ドライバー側)から−−

−−ハイビームバルブ交換


右側、下準備


まず、クーラントのリザーバータンクがじゃまなので、外してずらします。



バルブの辺りをいじるのに、ちょっとじゃまですね



上部をもって、上に引き抜きます



そのまま、少し後ろにずらしておきます。


コネクターを抜く


バルブのコネクターを抜きます。 ツメ等、堅くありません。 引き抜くだけ。



後ろのコネクタを 引っ張るだけ



すぽ っと抜けます。


出すとブーツを外す


ブーツの耳をつまんで、後ろに引っ張るだけで外れます。



引っ張るだけ



バルブの取り出し


ツメを外して、引き抜けば バルブが抜けてきます。

※ライトを使用していた場合、高温に成っています。  やけどに注意!



このツメ(押さえ金具)を外す必要が有ります。



つまんで、少しバルブ側に押しつけて、矢印の方向へずらします。



そのまま、ツメを くるっと起こすだけです。



金具を起こしながら、バルブを引き抜きます。



外れました。



バルブの入れ替え


バルブには、台座がついているため、バルブを引き抜いて 交換します。



白い台座部分から H1のバルブを引き抜きます。



どんな角度でついていたか 確認しておきます。



引っ張るだけで、抜けました。



新しいバルブを用意して。



差し込みます。 このとき、一応 ガラス部分にはさわらない様にします。



方向はOK



バルブの取り付け


バルブには、台座がついているため、バルブを引き抜いて 交換します。



1.ツメを起こしつつ 2.バルブを差し込みます。



変に ぐらつく場合、位置が合っていません。
少し回して見る等し、きちんと収まる位置を確認します。
ライト側から見るのもヒントになる場合があります。



ツメを掛けます。
変なイラストですが、こんな感じで ツメを引っかけます。



ダストブーツを組み付けます。

周辺部とバルブの周りの部分を押し込んであげます。



カプラも取り付けます。 凸 の部分が上になります、




これでOK

−−ポジション球 交換


バルブの交換


ハイビーム横に ソケットに刺さった ウエッジ球がポジションランプです。



多少手探りですが、ハイビームの横にカプラが刺さっています。
カプラ部をつまんで。 反時計回りに 5mmほどひねると 外すことができます。
かなり堅いですが、じんわりと力を掛けていると。 「ぽこん」と回ってくれます。



堅い、狭い、見えない 3重苦ですね。



どうにか、抜くことができました。

白いソケットに、黒いカプラがついていますが。 カプラを抜かない方が(台座ごと)
回しやすい様です。



ウエッジ球を引き抜いて、交換します。



交換しました。



戻すときがちょっと苦労します。 ちょうど良い位置に納めてから 5mmほど回転で
はめ込むのですが、ちょうど良い位置が探りにくいです。
ライト側から見て、位置の確認も可能です。

この状況では、バルブが入りきっていないのが判ります。
少しずつ回しながら 探ってください。



これが正しい位置に納まった状況です。

あとは、堅いですが、なんとかひねってあげます。

ひねりが甘いと、抜ける可能性が有りますので、注意しましょう。


最終確認


外しておいた、リザーバータンクを元に戻します。 溝に合わせて 上から差し込む感じ。





戻し忘れると、 最悪の場合 ベルトに接触し。 クーラントぶちまけ〜 に成ります。



ここで、点灯確認してみました。

点灯直後なので、ちょっとl 黄色っぽいですね。

が、ノーマルの色とは 明らかに変わりました。


−−左(ナビ側) いきます −−

−−ハイビームバルブ交換


バッテリをずらす


左側は バッテリがじゃまに成ります。 ほんの少しですが...
少しずらした方が作業はしやすいですね。

ちなみに 2.4Lの方は バッテリが小さいので、不要かもしれません



バッテリ押さえの、前側 ボルトを抜く。
スパナでは無理です、 (ソケットレンチ 必須)



後ろ側の ナットを取ります。



バッテリ 押さえが外れました。



後ろ側のシャフトは簡単に外れるよう フックになっています。
逆に 落としてしまわないよう、注意します。(抜いてしまう)



バッテリがほんの少しだけ  動かせると、バルブのところへ手が入るようになります・。
バッテリそのものを外す必要は有りません。 少し動かせればOK

コネクタを抜きます





ダストブーツを外して



レバーを起こし



引き抜きます。 バルブを交換して 戻します。



ブーツを戻し。



カプラを刺して 終了

右側となんら変わりません。

−−ポジション球 交換


バルブの交換


基本的に 右と全くおなじです。(堅いのも....





回して、引き抜く





このように、カプラが抜けますが、抜く必要は有りません。



交換しました。

あとは、同じように バルブを差し込み。 回して 確実に固定します。


−−ここで、点灯チェックをしましょう


バッテリーを戻す

バッテリを元通り固定すれば完了です。



まずは、後ろ側の シャフトを元の位置に差し込みます。



シャフトが落ちないよう、先にこちらを止めます。





前側のボルト位置は、バッテリの位置を調整しながら合わせます。



後は、締め込んで  おしまいです。



完了!



ハイビーム時の 何とも言えない色の変わり目は そうとう和らぎました。



点灯後、暖まると ほぼ同色に成ってくれました。 3800k で正解です。



交換前です。 ちょっと 明るさもUPしたかな?



ロービーム状態



ポジションです。


下手に欲張って 4500kとかに手を出さなくて良かったです。
色ずれを消したいという目的はばっちりでした。

[Back]